アイリスオーヤマシュレッダーレビュー

アイリスオーヤマシュレッダー生活家電
この記事は約4分で読めます。

ほぼ毎日、自宅のポストに届く郵便物には、必ず住所や氏名といった個人情報が書かれています。

大切なお知らせから、軽い気持ちで登録したお店のダイレクトメールまで種類は様々ですが、破るだけでは心配な面もあります。

かと言って、個人情報の部分をハサミで切るのも面倒くさい…、オフィスなどのシュレッダーが家庭でも使えれば楽になるのになぁ、と思うと同時に、どんどんたまっていく郵便物やプリント類を見るのが嫌でした。

家庭用のシュレッダーは容量こそオフィス用のものには劣りますが、十分裁断できます。

何より自動で細かく切ってくれるので、今ではシュレッダーするものないかな?と探すくらい生活が変わりました。

今回は

  • アイリスオーヤマシュレッダーを使ってみた感想
  • アイリスオーヤマシュレッダーのメリット・デメリット
  • アイリスオーヤマシュレッダーは紙詰まりすることある?

など実際に使用した感想を中心に書いていきます。

商品選びの参考になれば幸いです。

アイリスオーヤマ シュレッダー P5GCXを使ってみた感想

アイリスオーヤマのシュレッダーの本体はこちらです。

アイリスオーヤマシュレッダー

一度で裁断できる用紙の枚数はA4サイズ5枚分で、1枚1枚手動で裁断するシュレッダーに比べて遥かに楽で短時間で処理が可能です。

使い勝手も簡単で、自動機能があるため、紙を投入すると裁断が始まり、終わると自動的に止まります。

家庭でもこんなにパワーがあるシュレッダーが使えるのかと、初めて使った時は驚きました。

シュレッダー

アイリスオーヤマ シュレッダー P5GCXのメリット

アイリスオーヤマ シュレッダー P5GCXのメリットについて書いていきます

クロスカットでより細かく裁断可能

縦に裁断するだけでなく横にも裁断することで、より細かく書類に書かれた文字が裁断されるようになっています。

横に合間で切ってくれると、万が一大きめな文字の場合でも、安心です。

シュレッダー

シュレッダーした紙

クロスカット

ダストボックスの容量たっぷり

ダストボックスの容量は、A4用紙約65枚分、約8.7リットル分入ります。

不要になった紙をその都度シュレッダーすることができれば一番いいのですが、我が家はある程量をためてから一気にシュレッダーすることが多いので、一回でも満杯になることもあります。

A4用紙、1枚分の裁断後の様子がこちらです。

ダストボックス

シンプルな操作方法

操作する箇所はとてもシンプルで、自動モードと、正転・逆転がありますが、主に自動モードのみの使用で裁断可能です。

正転では紙の投入に関わらず、カッター部分が回転している状態です。

逆転は紙の詰まりの際に使用します。

うっかり枚数2枚くらい多めに入れてしまうと、鈍い音になり止まってしまうこともあるので、その際は逆転を使用します。

アイリスオーヤマ シュレッダー P5GCXのデメリット

アイリスオーヤマシュレッダーのデメリットについて書いていきます。 

稼働音がうるさい

夜の時間帯には作業をするのをためらってしまうほど、かなりの大きな音がします。

実際、我が家では夜には使っていません。

例えるならミキサーのような音質と音量です。

もう少し静かで響かないような稼働音ならなおよし、と言ったところです。

連続使用時間の上限あり

続けて使えるのは2分となっていますが、我が家ではもう少しやってみようと使い続けたところ、6分ほどが限界でした。

モーターが熱を持ち、ストップされてしまうようです。

ですので、一旦止まってしまったら、ある程度冷めてからでないと再開ができないので、30分以上は次に使うまでの間隔を空けています。

アイリスオーヤマシュレッダーの機能は?

アイリスオーヤマシュレッダーの機能は?

アイリスオーヤマシュレッダーP5GCXの特徴機能

・家庭や小規模オフィスにスッキリ置けるコンパクトシュレッダー

・約4×40mmのクロスカット

・10号、11号のステープラー針の裁断が可能

・A4コピー用紙最大5枚カット

こんな人にオススメ

家庭で使えるシュレッダーを探している人にオススメです。

一度にA4用紙数枚を裁断できる程度でOKと言う人には、満足のいくシュレッダーです。

裁断できる容量はたっぷりA4用紙約65枚分あるので、ついつい不要な書類を溜め込んでしまってもスッキリ処分できますよ。

アイリスオーヤマシュレッダー紙詰まりはある?

アイリスオーヤマシュレッダーには紙詰まり用の逆回転ボタンがあります。

うっかり枚数2枚くらい多めに入れてしまうと、鈍い音になり止まってしまうこともあるので、その際は逆転を使用します。

交互にシュレッダーの刃を回転させ、詰まった用紙が取れないか試してみます。

用紙がつまらないように必要以上の枚数をかけないようにすれば、紙詰まりも頻繁に起こりません。

アイリスオーヤマ シュレッダー P5GCXを使ってみたまとめ

不要な書類はあまり溜め込みたくない、個人情報はしっかりと処分したいならアイリスオーヤマ シュレッダー P5GCXがとても便利です。

家庭用と言えど、クロスカットが可能の強力カッターであっという間に裁断完了ですよ。

気づいたらすぐにシュレッダーへ投入!で、書類を上手に整理しましょう。

コメント